女の人

小陰唇のコンプレックスは縮小手術で改善可能

女性器の言えない悩み

悩むウーマン

いつもきれいな状態でいたい女性の大事な女性器は、小陰唇肥大の場合には垢が溜まる悩みがあります。そこで清潔を保つためには小陰唇が小さくなる縮小の手術があり、他にも小陰唇の痛みや黒ずみなどの悩みを解消することができます。

手術で小さくする

レディー

小陰唇は遺伝や物理的な刺激などにより肥大したり黒ずんだりします。小陰唇縮小手術は、美容外科で受けることができる女性器の美容整形手術です。小陰唇の外側の部分をメスで切開すれば、大きさや黒ずみがなくなります。

女性の肉体の悩み解消

お尻

小陰唇を縮小したいと考える女性からのニーズがあり、婦人科の形成外科で手術を受ける方がいます。デリケートゾーンですので、女医が対応しくれるクリニックで、しっかりカウンセリング実施して、納得の上で手術に臨まれることをお勧めsます。

女性器形成の手術

ヒップ

色も形も綺麗になる

婦人科形成の整形手術は、女性器に悩みを抱えている女性に人気があります。小陰唇縮小手術は、女性器形成の手術の中でも一番人気です。小陰唇の大きさに悩んでいる女性は意外と沢山います。しかし、そんな悩みは手術で解消します。小陰唇を手術で切除して整え、縮小するのが小陰唇縮小手術です。皮膚そのものを切除するので、手術をしてしまえば効果がずっと続きます。小陰唇縮小をすることで長さや厚さを整えることができる他、黒ずみなどの色素沈着を解消することもできてメリットが沢山あります。そうすることで長年のコンプレックスがなくなります。また、しめつけの強い下着を着用することによる擦れ、痛み、かゆみなどもなくなり、毎日の生活が快適になります。

手術の流れと術後の経過

小陰唇縮小手術は整形手術の中では簡単な部類に入ります。クリニックにもよりますが、カウンセリングをした当日にでもできる手術です。カウンセリングをしたあとにアンダーヘアを剃毛し、局所麻酔をしてから手術を行います。小陰唇縮小手術は20分程度で終わります。手術後は多少の出血があるので、ナプキンの着用は必須です。麻酔が切れると痛みが出てきますが、鎮痛剤を飲むことで解消します。抜糸があるのは手術から6日目です。ただし、溶ける糸を使用する場合は抜糸をする必要はないです。腫れは2週間程度続き、1ヶ月ほどで自然な形になります。手術をしてから3日間ぐらいは濡らすのは避け、消毒剤を塗布して感染症を予防する必要があります。