ウーマン

小陰唇のコンプレックスは縮小手術で改善可能

女性の肉体の悩み解消

お尻

デリケートゾーンの手術

小陰唇が肥大していることによって、座った時の違和感や左右の違い等の悩みは、デリケートな問題ですので、他人に話すこともできす、一人で悩みがちです。本来であれば、婦人科の形成外科で縮小手術を受けることで、根本解決を図るべきですが、恥ずかしさやコンプレックスによって相談できずにいる人も少なくありません。しかし、小陰唇の切除と縮小を伴いますので、怖さが先立つという方もいます。女性ならではの悩みを解決する手術であり、怖さや恥ずかしさをできるだけ和らげるために、女医が診察の段階から担当し、綿密なカウンセリングを行なうのが特徴的です。なかなか決断できない方のために、クリニックでは様々なやり方で、プライバシーの尊重と施術の内容理解をしてもらえるように努力しています。

後悔しない為の方法

小陰唇の縮小手術は切除を伴いますので、何回もやり直せるものではありません。怖さを克服してせっかく手術をおこなっても、仕上がりが気に入らなかったりすると、後悔してしまうかもしれません。そんな残念な事態とならないためにも事前のリサーチが重要です。クリンニックの公式サイトには、手術の前後の症例写真を掲載しているところもあります。体験談と併せて見ていくことで不安や疑問の多くを解消できますので便利です。小陰唇の縮小手術を行なうことで、大きさは非対称な形などによる悩みを解消できます。カウセリングを通じて、日本人女性の平均的な形状を知ることができます。この際に手術の具体的な方法や、リスクの情報を知っておくと安心です。