ウーマン

小陰唇のコンプレックスは縮小手術で改善可能

女性器の言えない悩み

悩むウーマン

清潔を保てる

女性の下半身である女性器には小陰唇と大陰唇という二種類があり、小陰唇肥大症という悩みを持つ人もいます。この症状では大陰唇よりも大きくなっている状態で、中にはぶらさがっているように見えるものもあります。大陰唇よりも大きくなっていることでちょうど間に垢が溜まり、この垢が溜まってしまうことで悪臭になることがあります。ですから美容外科の婦人科形成には小陰唇を小さくできる縮小コースがあり、縮小することによって垢が溜まるのを防ぐことができます。また垢が溜まらなくなれば臭いも出ることがなく、悪臭からも開放されるようになります。女性器の形や大きさというのは自分ではわかりにくいですが、汚れや臭いが気になるときは婦人科形成がオススメです。

最も多い手術

意外と知られていない美容外科の手術には人には相談しにくい女性器や男性器があり、その手術を受ける人が多かったりします。女性器にある小陰唇も小さくする縮小の手術がありますが、女性器の手術の中で最も多く受ける人がいるといわれています。この小陰唇を小さくする縮小の手術には、大陰唇から出ている大きいものや黒くなっていたりすることで手術を受けます。また小陰唇が大きいことで自転車に乗ると痛みがあるとか、かゆみや臭いといった症状で手術を受けに来る人もいます。そのほかにも形を良くしたいといったことや、他の美容外科で手術を受けたが満足いかないという理由もあります。女性の悩みは十人十色にはなりますが、女性器の縮小手術は受ける人が多いのも現状です。